So-net無料ブログ作成
検索選択

役員変更登記は司法書士の先生に依頼 [司法書士の仕事]

株式会社の場合、役員には任期があり2年に一回は役員の変更登記をしなければなりません。

もちろん同じ人が再任されたとしても、役員変更登記をしなければなりません。

我が社では顧問の司法書士事務所にお願いをして、変更登記をしています。

期日はいつも会社の決算確定日の後だったと記憶しています。

正確には定時株主総会の締結の時までとなっているようです。

通常役員の任期は2年間とされていますが2006年の会社法で、株式の譲渡制限に関する定めのある株式会社は定款変更決議によって役員の任期を最長10年まで伸ばすことができるそうです。

登記の内容等の詳細はよく判らないので、専門家である司法書士の先生に代行してもらっているわけです。

ちなみに役員でも監査役の任期は4年間とされていますが、同様に最長10年間にすることが出来るそうです。

この役員の変更登記は管轄の法務局で役員変更後2週間以内に行うわけなんですが、変更登記を忘れたり遅れたりすると遅滞期間により段階的に管轄の裁判所から罰則金を課せられることもあるということです。

最近では法人認証カードサービスといって、会社に居ながら書類の申請手続きや登記書類の発行などが出来るシステムがあるそうです。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 0

コメント 0

コメントの受付は締め切りました
経理事務の仕事体験記

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。