So-net無料ブログ作成
検索選択

会社で銀行融資を申し込みました [銀行融資]

会社としては資金繰りが苦しくなると、何処からか資金を調達しなければまりません。

資金調達の方法として、先ずは手持ちの受取手形銀行の割引に出します。

手形の期日によって割引料と手数料を差し引かれます。金利の自由化以降は銀行によって割引率が違い、また取引先ごとに割引率が違うようです。

銀行の内部的な会社の評価によって、ランク付けされているようです。

次の資金調達手段は、社長個人からの借入でしょう。

中小企業の場合、社長借入がかなりの金額になっている会社も少なくないという事です。

ただ銀行によっては社長からの個人借入が多い会社は、融資の審査で評価がさがるようにも聞いています。

公的な融資制度を利用するにしても、審査に提出する資料を揃えなければなりません。

我が社は取引銀行からは一度融資を受けていますが、追加の融資として今回申し込みました。

この銀行へは毎月の試算表と申告決算書は提出済みなので、後は資金繰り予定表と借入金の内訳書だけでした。

3日ほどで取引銀行の融資担当者から連絡があり、銀行の本店決済が通ったとのことでした。

話に聞くと、最近の銀行融資の場合、会社の不動産や定期預金を担保に取られることが多いようです。

本来は信用貸しが基本のように思うのですが、どうでしょう。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 0

コメント 0

コメントの受付は締め切りました
経理事務の仕事体験記

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。