So-net無料ブログ作成
検索選択

年末調整と確定申告 [確定申告]

ほとんどのサラリーマン年末調整によってその年の所得税が決まります。

しかしサラリーマンでも確定申告をしなければならない時があります。

新たに住宅を購入して住宅取得控除を受ける場合は、初年度に限り確定申告をしなければなりません。

2年目以降は会社の年末調整で出来ますし、改めて確定申告をしてもかまいません。

年末調整の書類を提出してもらう時に一番多いのが、「医療費控除できますか?」という質問ですが、これは年末調整では出来ません。

年間自己負担分が10万円を超えた場合、確定申告する事によって税金が還付される事があります。


それ以外では年間の給料が2000万円をこえているサラリーマンや、2箇所以上の会社から給料をもらっているサラリーマンは確定申告しなければなりません。

最近はリストラなどで職を失った人も多いようですが、12月31日時点で再就職していない場合は以前の会社で天引きされていた源泉所得税が還付される事があります。

退職の際に会社から「給与支払報告書」を交付されていれば、それをもとに確定申告すればいいと思います。

それ以外にも申告することによって税金が還付されたり、逆に追徴されたりする事も多々あります。

自分に関係の有る税金については、勉強して知識を深めることも大事ですね。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 0

コメント 0

コメントの受付は締め切りました
経理事務の仕事体験記

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。