So-net無料ブログ作成
検索選択

医療費控除で税金が還付されます [確定申告]

近年は保険料の3割負担により医療費の負担額が増えています。

年間で10万円を超える世帯の人は確定申告することによって、税金の還付が受けられます。

所得金額が200万円に満たない人は、その所得金額の5パーセントの金額を超えると税金の還付が受けられます。

また医療費控除の最高限度額も決められていて、200万円を超える控除は出来ません。

医療費と一口に言ってもさまざまで、直接病院に支払った金額だけでなく病院までの交通費なども含まれます。

最近では増えています介護施設への入所費用や、在宅介護などの費用も控除の対象になっています。

よく勘違いされるのが歯列の矯正治療で、成長段階での矯正、つまり子供の矯正治療は医療費控除の対象になります。

大人の歯列矯正は対象にならない事がほとんどですので、よく確かめてから申告したほうが良いようです。

医療費控除は詳細に決められていますので、分からない時は管轄の税務署に問い合わせするか、国税庁のホームページで確認しましょう。

いずれにしても確定申告をしないと税金の還付を受ける事ができません。

税務署から「確定申告したら税金が還付されますよ。」なんて連絡は間違ってもありませんから・・・。


  外部リンク⇒ 国税庁タックスアンサー

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 3

コメント 0

コメントの受付は締め切りました
経理事務の仕事体験記

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。